中身を考える

とにかく数をこなすべし

 カスタム少女を使うのなら絵の問題はある程度クリアできるので、ストーリーにはある程度力を入れたいところ。何も出来ないからストーリーをやるというのはよくある話だが、実際はそのストーリーが悪ければ絵がよくてもすべて台無しになってしまう。最低限のストーリーを身につけるためにとにかく数をこなすべき。

 「カードを使った<おはなし>作り」にて、ランダムである程度のストーリーの形を作れるので、これを元練習するのもあり。

最初は短編

 発表せず、30分ほどで出来るような短編を、とにかくひとつ完結させると力になるとよく言われる。その短編をいくつも繰り返していくうちに、自分なりのスタイルというものが身についてくるので、それまでは下手に小説の書き方などをググって悩むよりは稚拙なものでかまわないので数をこなすことが先決。

  • 最終更新:2016-12-03 17:06:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード