顔グラフィックを作る

加工

 やや手順が多い。まずは切り抜きから。顔グラフィック素材を作るで作成した素材を使用する。

切り抜き

  • 許容値は0
  • 隣接とアンチエイリアスのチェックを入れておく。
  • 緑の部分を自動選択ツールで選択。
  • 黒背景の画像を選択して切り抜き


顔グラサンプル1.png
顔グラサンプル2.png

規格に合わせる。

 384x192のカンパスサイズで新規作成。この合成用のファイルに顔グラフィックを配置していく。大きさを調整しながら配置。

 あらかじめ96x96の真っ白なデータを4x2に敷き詰めて置き、クリッピングマスクでその範囲だけを表示するようにしておくと大きさの微調整がやり易い。


サンプル子01.png

RPGツクールへの適用

 384x192で作成した顔グラフィックをFacesにインポートして使用。文章の表示にある、顔グラフィックから選択して利用が可能となる。

顔グラフィックの適用方法01.jpg

  • 最終更新:2016-12-03 16:01:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード